[賢く投資をしよう] NISA・つみたてNISAって何 [コツコツ投資] 

kotukotu FIRE・投資

▼こんな方におすすめ

てるさん
てるさん

NISA・つみたてNISAの言葉は知っているよ

聞いたことはあるよでも知らない

やったことはないし、中身は知らない

知ってるけど復習しよう

という方に解説していこうと思います

NISAって?

まず、NISAって何?

ですが、NISAとは「少額投資非課税制度」というものです

実は、制度の名前なんです

この制度は2014年に金融庁がスタートさせた、非課税枠のある投資制度、ということですね

何が非課税かというと

例えば投資信託に投資した場合、「配当金」と売却時の「譲渡益」が非課税になります。

これすごいと思いませんか?

NISAの種類

NISAには3種類あります

  • 一般NISA
  • つみたてNISA
  • ジュニアNISA

の3種類です

一般NISA

一般NISAの特徴は、

  • 新規投資額は毎年120万円が上限(非課税枠は最大600万円)
  • 最長5年間(5年後には新たなNISA枠に移管可能)
  • 現在のところ2014年から2023年まで

つみたてNISA

つみたてNISAの特徴は

  • 特に少額から、長期・積立・分散投資などを支援する非課税制度(2018年からスタート)
  • 投資対象は、手数料が低くく、頻繁に分配金が支払われないなど、長期・積立・分散投資に適した投資対象であると金融庁が限定しており、一般NISAと比べ投資初心者が始めやすい
  • 新規投資額は毎年40万円が上限 (非課税枠は20年間で最大800万円)
  • 最長20年間
  • 現在のところ2018年から2037年まで

ジュニアNISA

ジュニアNISAとは

  • 未成年者少額投資非課税制度のことであり、0歳から19歳までが開設可能
  • 新規投資額で毎年80万円が上限(未使用分の翌年繰越はなし)
  • 最長5年間(期間終了後新たな口座への移管が可能)
  • 現在のところ2016年から2023年まで
  • 口座開設者は本人(未成年者)の二親等以内の親族(両親、祖父祖母など)
  • 2023年が過ぎた後、新規投資はできないが、未成年者が20歳になるまで非課税での保有が可能

NISAのメリット・デメリット

NISAは投資です、リスクを負ってリターンを得るものですので

メリット・デメリットがあります

このメリット・デメリットを挙げていきます

メリット

  • 一般NISAであれば年間120万円、つみたてNISAであれば年間40万円の範囲内で購入した金融商品から得た利益(配当金、譲渡益等)に税金がかからない
  • 少額から投資が可能(最大であり上限までしなくても良い)

デメリット

  • 他の口座で発生した、配当金、譲渡益等との損益通算はできない
  • 1人1口座まで
  • 他口座に現在保有している株式・投資信託は、NISA口座に移せない
  • 保有資産が値下がりするリスクがある

私はこれをやっています

NISAの紹介は以上です

私はつみたてNISAを行っています

理由は、投資の勉強のために始めたのがきっかけです

コツコツと増えていくお金さんを見ると愛らしいです

他にNISAの使い方として

  • 結婚資金
  • 退職後の資金
  • 子どもの教育資金
  • 住宅等の購入資金

などに使えます

銀行預金の金利は、新しいものがどんどんと出ていますが、大型ネットバンクなどで0.1%ほどでしょう

それに対し、投資信託の平均利回りは3%程度と言われています

値下がりのリスクがあるとはいえ、この時点で30倍です

預貯金で蓄えるよりも、NISAを活用して賢く投資してみてはどうでしょう

ちなみに投資信託の選び方ですが(私は楽天証券を使用しております)

  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全世界株式))
  • eMAXIS Slim 米国株式(S &P500)

などが他の方も挙げられていることが多いですね

また、全世界株式は日本やアメリカだけでなく、世界が全体的に経済的発展をしていくことに投資するものですが

全世界株式の約60%はアメリカの株式が含まれています

なぜかというと

アメリカの企業は世界進出している企業が多いです

つまり、新興国が盛り上がればアメリカ企業も盛り上がります

ですので、投資する銘柄については、自分の対応できるリスクに見合った銘柄選定をしていきましょう

昨日より良い自分を目指していきましょう!ではまた!

LINE証券 SBIネオモバイル証券 【DMM 株】口座開設

コメント

タイトルとURLをコピーしました